DBXX エンジニアブログ

中国・大連でふわっとITしています

Route 53で.comと.net以外のドメイン取得するとwhoisで名前が公開される

タイトルの通り。

Amazon Route 53 を使用したドメイン名の登録 » 連絡先情報のプライバシー保護

レジストラ – 新しい .com または .net ドメインを登録すると、Amazon Route 53 がレジストラになります。氏名や組織名などの連絡先情報はすべて非表示にされます。Amazon Route 53 を使用して別のドメイン名を登録する場合、レジストラアソシエイトである Gandi がレジストラとなります。Gandi は、氏名や組織名を非表示にしません。

私はドメイン取得後にwhoisドメイン情報を確認するまで、Gandiという会社がレジストラになっていることに全然気づきませんでした。
すべてAWS上の操作だけで済むので、普通は気づかないと思います。

以下はwhois情報の抜粋です。

Gandiがレジストラの場合

Xxxxxx Xxxxxは、実際は名前が入ります。

レジストラ情報

Sponsoring Registrar: Gandi
Sponsoring Registrar IANA ID: 81

ドメイン登録者の名前

Registrant Name: Xxxxxx Xxxxx
Registrant Organization:

ドメインの管理者の名前

Admin Name: Xxxxxx Xxxxx
Admin Organization:

ドメインの技術担当者の名前

Tech Name: Xxxxxx Xxxxx
Tech Organization:

Amazonレジストラの場合

レジストラ情報

Registrar: AMAZON REGISTRAR, INC.
Sponsoring Registrar IANA ID: 468

ドメイン登録者の名前

Registrant Name: On behalf of a979.net owner
Registrant Organization: Whois Privacy Service

ドメインの管理者の名前

Admin Name: On behalf of a979.net administrative contact Admin Organization: Whois Privacy Service

ドメインの技術担当者の名前

Tech Name: On behalf of a979.net technical contact Tech Organization: Whois Privacy Service

これが問題になるかどうかは、ケースバイケースだと思いますが、私の場合はちょっと嫌だなーと思いました。